History of TAMA CB NETWORK多摩CBネットワークの歩み

 多摩CBネットワークのこれまでの歴史を紹介。多摩CBネットワークは年を重ねるごとに会員が増え、コミュニティビジネスのスタイルで起業する人が増えていきました。今では、コミュニティビジネスという言葉やスタイルが多く知られるようになり、多くの市町村でコミュニティビジネス講座やさまざまなワークショップも活発に行われるようになってきました。

2018年多摩CBネットワーク10年の節目の年

 3月17日に東京外国語大学で開催したシンポジウムは、多摩CBネットワークの記念すべき10周年のイベントとなりました。NPO法人JKSK代表の木全ミツ氏と一般社団法人CSV開発機構理事長の赤池学氏による基調講演をいただきました。また、「多摩コミュニティビジネスの実例」と題し、学生連携企画として多摩地域のコミュニティビジネスに取り組んでいる方々の事例を発表しました。シンポジウム終了後は、多摩地域でコミュニティビジネスに取り組む事業者や団体等が出展する「多摩CBフェア」を開催し、参加者同士が交流を深めました。

 今年は世話人会が何度も開催され、これまでの10年をひも解いていくこと、そしてこれからのネットワークをどうしていくかを議論しました。

FacebookFacebook情報

PAGE TOP